キャスト

プヨグ/近肖古王(カム・ウソン)

DVD-BOX V 半島統合編(6枚組・49〜最終話収録)

百済11代王・ピリュ王の第4王子(史実上は第2王子)。
後の百済13代王・近肖古王。父・ピリュ王によって王室を追放され、仲間とともに塩商人として過ごしていたが、肖古王系と古尓王系の王族が王位を巡って対立する中、北方の強国である高句麗が百済を脅かすと、父から大百済帝国建設の夢を託される。

カム・ウソン プロフィール

1970年10月1日生まれ。
韓国の最高学府であるソウル大学出身で、91年にMBC公採タレントとしてデビュー。ドラマ中心に活躍していたが、02年に映画『情愛』で注目され、多くの映画に出演する。特に05年の映画『王の男』に主演し、各種映画賞を受賞した。
その他の主な出演作に「I Love ヒョンジョン」「恋愛時代」など。


プヨファ(キム・ジス)

古尓王系の王族である慰礼宮主・プヨジュンの娘。
政権闘争の中枢で育ったため、常に冷静で意志が強いが、情に厚く恋に弱い女性的な一面も持つ。
プヨグと惹かれ合う仲であったが、王位争いが二人の仲を引き裂き、さらに父によって高句麗の王妃として政略結婚させられてしまう。

キム・ジス プロフィール

1972年10月24日生まれ。92年にSBS公採タレントとしてデビュー。
94年のドラマ「総合病院」などで人気を集め、98年にドラマ「ずっと会いたい」でMBC演技大賞を受賞した。05年に『チャーミング・ガール』で映画デビューを果たし、各種映画賞を受賞。
その他の主な出演作に「神話」「太陽の誘惑」『ノートに眠った願いごと』「太陽の女」など。

プヨファ(キム・ジス)

ヘ・ゴン(イ・ジフン)

ヘ・ゴン(イ・ジフン)

百済の有力貴族・ヘ氏一族の長であるヘ・ニョンの息子。
知略に長け、慰礼宮主・プヨジュン(百済12代王)からの絶大な信頼を得ており、古尓王系の復興のため、遼西に向かうプヨグを追って暗殺を試みる。プヨファに密かに想いを抱いており、プヨグとは政敵であると同時に恋敵でもある。

イ・ジフン プロフィール

1979年3月27日生まれ。 96年、高校生の時に甘く切ないバラード曲「なぜ天は」で歌手デビュー。
03年にドラマ「かわいい彼女」で演技活動を開始し、「ハロー!お嬢さん」「君は僕の運命」など多くのドラマで人気を集めた。本作では初の時代劇ドラマに挑戦。


ポックゴム(ハン・ジョンス)

ポックゴム(ハン・ジョンス)

チン氏一族のもとで働く下女を母に持ち、その縁によりプヨグを主君として仕える忠臣となった。プヨグが王宮から追放された際も、常に主君の側を離れない忠僕の中の忠僕。
不死身の肉体を持ち、武芸の腕前は一級品。

ハン・ジョンス プロフィール

1972年11月20日生まれ。03年に映画『TUBE』で俳優デビュー。
07年の時代劇「王と私」のト・グムピョ役で人気を集め、「チュノ〜推奴〜」では鍛え抜かれた肉体を披露して女性ファンを魅了した。その他の主な出演作に『顔のない女』『ひまわり』「魔王」「検事プリンセス」など。


チン・スン(アン・ジェモ)

チン・スン(アン・ジェモ)

百済の有力貴族・チン氏一族の長であるチン・ジョンの息子。
プヨグの忠臣であり、いとこ同士であり、幼い頃からの親友という間柄。時に王権と貴族勢力の衝突と、理想とする百済像の相違から、敵対関係に転じてしまうこともある。

アン・ジェモ プロフィール

1979年9月20日生まれ。96年に「新世代報告書−大人たちは知らない」で俳優デビュー。
「龍の涙」「王と妃」など時代劇に王役で出演後、02年のドラマ「野人時代」で青年期のキム・ドゥハン役を演じ、その年の演技大賞に輝くなど、一躍人気スターとなる。


パユン(カン・ソンジン)

パユン(カン・ソンジン)

フッカン公が所有する遼西の清河園の大行首を任されているヨムボの息子。
自身の名付け親でもあるフッカン公を慕っており、ポックゴムと同じく、プヨグが塩商人として追放されていた頃からプヨグに仕えている忠臣。父親譲りでお調子者だが、口が上手く商才に長ける。

カン・ソンジン プロフィール

1971年1月13日生まれ。 91年に映画『19の絶望の末に歌う1つの愛の歌』でデビュー。
主にコミカルな助演俳優として活動し、99年の『アタック・ザ・ガス・ステーション!』で注目される。「彼女がラブハンター」「二人の妻」「シンデレラのお姉さん」など、近年はドラマ出演も多い。


セッコビ(超新星 ゴニル/パク・ゴニル)

セッコビ(超新星 ゴニル/パク・ゴニル)

プヨグの息子。 生まれて間もなく勢力争いに巻き込まれ、命を狙われたため、侍女によって百済から離れた地方に連れ去られる。侍女を母親だと信じ、本当の身分や両親を知らずに育ったが、百済の将軍になりたいという夢を持っていた。
そんな中、ある偶然により百済の王宮に入り、実の弟とは知らず王子のプヨグンに仕えることになる。

パク・ゴニル プロフィール

1987年11月5日生まれ。6人組男性ダンスヴォーカルグループ「超新星」のメンバー。超新星は2007年9月に韓国でデビュー。メンバー全員の身長が180cm以上というモデル並みのスタイルと甘いマスクを持つ。韓国で精力的に活動後、2009年9月9日、日本メジャーデビュー。ゴニルはラップを担当。 その他の出演作は『ミスター主婦クイズ王』「紅の魂」など。


チン・アイ(T-ARA ウンジョン/ハム・ウンジョン)

チン・アイ(T-ARA ウンジョン/ハム・ウンジョン)

百済の名門貴族、チン氏一族の娘。幼い時からプヨグの息子プヨグンと結婚し第1王妃になることが決まっていたが、政略結婚を嫌がるプヨグンに冷たくされる。美貌もさることながら武芸にも秀でている。 やがて王宮に来るセッコビに惹かれていく。

ハム・ウンジョン プロフィール

1988年12月12日生まれ。2009年7月にデビューした韓国7人組グループ「T-ARA」のメンバー。T-ARAは2011年7月に日本デビューし、今後の活躍が期待されるK-POPグループだ。また、ハム・ウンジョンはT-ARAとしてデビューする前から子役として活躍しており、その演技力には定評がある。 その他の出演作として「ドリームハイ」「コーヒーハウス」など。


プヨジン(T-ARA キュリ/イ・ジヒョン)

プヨジン(T-ARA キュリ/イ・ジヒョン)

プヨグの娘でプヨグンの妹。一人娘のためわがままに育つ。生まれる前からプヨグの忠臣との結婚が決まっていたことが面白くなく、両親や新郎に反抗する。
また、すぐ拗ね、怒りっぽい性格のため百済が危機に陥るある大きな事件を引き起こしてしまう。

イ・ジヒョン プロフィール

1986年12月12日生まれ。ハム・ウンジョンと同じく「T-ARA」のメンバー。ちなみにグループ名には歌謡界の女王になって王冠(ティアラ)を着けるという意味が込められている。
イ・ジヒョンのその他の出演作としては「善徳女王」「ジャイアント」などがある。


プヨグン(オ・スンユン)

プヨグン(オ・スンユン)

プヨグの息子で第1王子。将来、第14代王になることを期待されて育つ。政略結婚を嫌がり、チン・アイには冷たくするが、倭から来た王女チングに惹かれていく。
気質も人望も申し分のない王子だが、セッコビの勇敢さに圧倒される。

オ・スンユン プロフィール

1991年3月27日生まれ。1996年にドラマデビューした子役出身の俳優。
「女人天下」「朱蒙[チュモン]」「太王四神記」など韓国を代表する時代劇に多数出演。今後が期待される実力派俳優の一人。


スタッフ

演出

ユン・チャンボム(「大王世宗(テワンセジョン)」)キム・ヨンジョ(「シンデレラのお姉さん」)

脚本

チョン・ソンヒ(「幻の王女チャミョンゴ」)ユ・スンヨル(「特殊捜査日誌 −1号館事件−」)